都城聖ドミニコ学園高等学校

VERITAS会

学園案内

建学の精神

学園について

校長挨拶

教育課程

校納金

環境対策

災害対策

スクールバス

イベント

受験生の方へ

オープンクラス

入試情報

先輩に聞きました

Q&A

スクールライフ

罹患証明書

行事日程

学習支援

授業計画

交換留学

奨学金

生徒会

部活動

図書室

進路指導

主な進学先

主な就職先

進路Q&A

教育相談室

光をまく

インターアクト

ハンドベル

今週のメッセージ

同窓会

VERITAS会

活動報告

 

 VERITAS(ヴェリタス)会

都城聖ドミニコ学園高等学校同窓会会則

第1章 名称
第1条 本会は、VERITAS(真理)会と称する。
第2条 本会は、事務所を都城聖ドミニコ学園高等学校内に置く。

第2章 目的・事業
第3条 本会は、カトリック精神に基づき、会員相互の親睦と智徳の向上、併せて母校の発展をはかる事を目的とする。
第4条 本会は、前条の目的達成のため下記の事業を行う。
(1) 智徳向上のための講習会及び後援会の開催。
(2) 出版物(機関誌・会員名簿)の発行。
(3) 母校の教育援助
(4) 慈善事業の援助

第3章会員の資格
第5条 会員は、都城聖ドミニコ学園高等学校を卒業した者。
2.都城聖ドミニコ学園高等学校に在学したが卒業しなかった者で、同窓会員と役員会の承認した者。
3.特別会員(現職員・旧職員)

第4章 入会金
第6条 会員は、卒業時に入会金4,000円を完納する。
2.前条の2に該当する者は、役員会に入会金を申し込む入会手続きをし、その承諾を受けなければならない。(4,000円納入)

第5章 役員
第7条 本会は、下記の役員を置く。
(1) 名誉会長1名宮崎カリタス学院理事長
(2) 会長1名都城聖ドミニコ学園校長
(3) 顧問1名都城聖ドミニコ学園現職員から。
(4) 幹事長1名役員会に於いて会員の中から選挙する。
(5) 副幹事長2名
(6) 幹事各学年から若干名(最低3名)
(7) 監査2名
(8) 会計2名
(9) 書記2名
第8条 幹事長は、任期満了に際し後任者を推薦し役員会に於いて決定し、幹事及び監査は、役員会に於いて推薦され総会に於いて承認される。
第9条 会計及び書記は、役員会に於いて委嘱する。
第10条 会長は、本会を代表し会務を総括し、役員会を招集する。
第11条 その他の役員は、役員会を組織し会務を執行する。
第12条 すべての役員の任期は2年とするが、再任は妨げない。又、役員交替の際は後任者が決定するまで職務を継続する。
2.補欠の役員の任期は前任者の残存期間とする。

第6章 総会
第13条 会長は、役員会にはかり、原則として2年に1回会員の通常総会を招集する。会長は必要のある時は役員会にはかり、何時でも臨時総会を招集する事ができる。又、役員会は必要があると認められる時、会長に臨時総会招集の要請をすることができる。
第14条 総会の議事は次の通りとする。
(1) 事業計画
(2) 事業経過報告
(3) 会計報告
(4) 予算・決算に関する件
(5) 役員承認
(6) その他
第15条 総会の議事は出席者の過半数をもって決し、可否同数の時は会長の決するところによる。総会に出席しない会員は書面により他の会員にその議決権の行使を委任することができる。

第7章 幹事会
第16条 幹事は必要に応じて幹事会を開きその任務を次の通りにする。
(1) 会員は幹事会に提出すべき事項の取りまとめ
(2) 幹事会決定事項の伝達
(3) クラス間の親交及び連絡

第8章 会計
第17条 本会の会計年度は毎年4月1日から始まり、翌年3月31日に終わる。


第9章 会則の変更
第18条 本会則を変更する場合は、役員会における役員10名以上の出席のもとに3分の2以上の賛成を得なければならない。

附則 本会則は、昭和55年11月2日より施行する。
昭和56年2月1日一部改正
昭和58年11月20日一部改正
昭和59年11月19日一部改正
昭和63年1月2日一部改正
平成11年4月1日一部改正

    メールアドレス mdominico@mdominico.ac.jp