都城聖ドミニコ学園高等学校 図書室

学園案内

建学の精神

学園について

校長挨拶

教育課程

校納金

環境対策

災害対策

スクールバス

イベント

受験生の方へ

オープンクラス

入試情報

先輩に聞きました

Q&A

スクールライフ

罹患証明書

行事日程

学習支援

授業計画

交換留学

奨学金

生徒会

部活動

図書室

進路指導

主な進学先

主な就職先

進路Q&A

教育相談室

光をまく

インターアクト

ハンドベル

今週のメッセージ

同窓会

VERITAS会

活動報告

 罹患証明書について

 

  保護者様

都城聖ドミニコ学園高等学校

 

「学校において予防すべき感染症」による出席停止について

 

 

標記の件について、出席停止の対象となる疾病を以下のとおりお知らせします。医師によりこれらの疾病と診断された場合は出席停止となりますので、かかられた医療機関に下記の証明書の記入を依頼し、登校の際にご提出くださいますようお願い致します。

 なお、出席停止になった場合は、欠席の扱いにはなりません。

 登校は医師の診断により許可が出てからになりますので、ご留意ください。

 

種類 感染症名 出席停止期間の基準

第1種

・エボラ出血熱・クリミアゴンゴ熱

・痘瘡・南米出血熱・ペスト

・マールブルグ病・ラッサ熱

・急性灰白髄炎・ジフテリア

・重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウイルスによるものに限る)

・鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る。

治癒するまで

第2種

インフルエンザ 発症後5日を経過し、かつ、解熱後2日を経過するまで
百日咳

特有の咳が消失するまで、または、5日間の適正な抗菌物

質製剤による治療が終了するまで

 

麻疹(はしか) 解熱後3日が経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

耳下腺・顎下腺または舌下線の腫脹が発現した後5日を経

過し、かつ、全身状態が良好になるまで

風疹(ふうしん・3日ばしか) 発疹が消失するまで
水痘(水ぼうそう) 全ての発疹が痂皮化(かさぶた)するまで
咽頭結膜熱(プール熱) 主要症状が消退後2日経過するまで
結核 感染のおそれがないと医師が認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 症状により学校医等において感染のおそれがないとみとめるまで

第3種

・コレラ・細菌性赤痢・腸チフス

・腸管出血性大腸菌感染症・パラチフス

・急性出血性結膜炎・流行性角結膜炎

感染のおそれがないと医師が認めるまで

その他の感染症

溶連菌感染症・手足口病・感染性胃腸炎    ウイルス性肝炎・伝染性紅斑

マイコプラズマ肺炎 等

状況により出席停止等の処置が必要になりうる感染症の例。

診断されたらお知らせ下さい。

 

                             平成  年  月  日

都城聖ドミニコ学園高等学校

 

  年  組  氏名                            

 

1.病 名 (               )

 

2.期 間 (平成  年  月  日 〜 平成  年  月  日まで)

 

                            

                         医療機関名

 

                         医 師 名


印刷の場合は、こちらをクリックしてください。

 


    メールアドレス mdominico@mdominico.ac.jp