都城聖ドミニコ学園高等学校 先輩に聞きました

学園案内

建学の精神

学園について

校長挨拶

教育課程

校納金

環境対策

災害対策

スクールバス

イベント

受験生の方へ

オープンクラス

入試情報

先輩に聞きました

Q&A

スクールライフ

罹患証明書

行事日程

学習支援

授業計画

交換留学

奨学金

生徒会

部活動

図書室

進路指導

主な進学先

主な就職先

進路Q&A

教育相談室

光をまく

インターアクト

ハンドベル

今週のメッセージ

同窓会

VERITAS会

活動報告

 

 受験生のためのQ&A

Q:キリスト教の学校ってことは、生徒も先生もみんな信者なのですか。
A:そんなことはありません。本校への入学や本校での学びにキリスト信者であるかどうかは全く関係ありません。今現在 在学している生徒、また勤務している先生たちの中にキリスト信者はほとんどいません。修道会経営の学校ですから教職員の中にシスターがいるというわけです。

Q:「宗教」の時間には、どんな勉強をするのですか。
A:世界三大宗教の一つであるキリスト教。その教えに基づいて行われる本校の教育ですから、もちろん、キリスト教の基本的なことは知ってもたいたいと考えています。が、そればかりをやっているわけではありません。高校時代は人間の基礎をつくる大事な時期であるという認識のもとに、人としての生き方、あり方を中心に、幸せで豊かな人生を送るためには、人として大切なこととは、自分と人を大切にした生き方とは、周りの人の喜び、光となれる生きかたとは、などを共に考え学びます。

Q:なぜ女子高なのですか。
A:今 社会は、これまでに例を見ないほど女性が活躍できる社会になっています。また、考えられないような事件事故が多発する乱れた社会でもあります。だからこそ、社会で活躍できる女性として必要なマナーや礼儀作法を「礼法」の授業で学んでいきます。
だからこそ、温かさをもった人間(女性)、将来 母親になる豊かな心をもった女性など、女性としての使命や誇り、喜びや責任感のある女性を育てるという大事な使命を持った学校だからです。




    メールアドレス mdominico@mdominico.ac.jp