都城聖ドミニコ学園高等学校 学園案内 建学の精神

学園案内

建学の精神

学園について

校長挨拶

教育課程

校納金

環境対策

災害対策

スクールバス

イベント

受験生の方へ

オープンクラス

入試情報

先輩に聞きました

Q&A

スクールライフ

罹患証明書

行事日程

学習支援

授業計画

交換留学

奨学金

生徒会

部活動

図書室

進路指導

主な進学先

主な就職先

進路Q&A

教育相談室

光をまく

インターアクト

ハンドベル

今週のメッセージ

同窓会

VERITAS会

活動報告

 建学の精神

本学園の教育方針
都城聖ドミニコ学園が行うカトリック的人間教育は、「常に真理を求め、真の愛に成長する」ことをモットーに、神を敬う謙遜で敬虔な魂と、高い知性と強固な意志、丈夫な体、優しく広い心と正しい判断力を備え、自分に与えられた使命の実現を通して社会に貢献できる、個性豊かで有能・健全な女性を育成することをめざす。


具体的な実践方法

一、神に対して


二、教師に対して


三、学友に対して


四、自己に対して





 本学園の沿革

本学園は13世紀の初め、スペインの聖ドミニコによって創立された聖ドミニコ女子修道会によって創立されたものである。

昭和7年、当時の本部所在地フランスより5名の修道女が来日し、児童福祉事業にたずさわり、間もなく東京、北仙台、仙台、京都の各地で教育事業に献身するようになった。

昭和44年4月、都城市の誘致により、都城聖ドミニコ学園(高等学校、幼稚園)が開校された。

学園の姉妹校として東京聖ドミニコ学園(幼稚園、小学校、中学校、高等学校)、仙台聖ドミニコ学園幼稚園、小学校、高等学校)があり、京都、北仙台にも幼稚園がある。

また外国には、イタリア、フランス、スペイン、ベルギー、スイス、ブラジル、カナダ、アメリカ合衆国、アフリカに70校に近い聖ドミニコ学園が存在し、国際色豊かな学園として営まれてきたが、昭和63年度より、カトリック的人間教育をめざすことにおいて同じ精神を持つ イエスのカリタス修道女会が建学の精神を受け継ぎ、都城聖ドミニコ学園の事業を継承することとなった。

キリスト教的愛−カリタス−に生きる宮崎カリタス修道女会の精神は、教育・福祉・医療・宣教などの分野において、キリスト教が教える愛の精神を打ち出すことにある。

昭和10年、イタリア人宣教師アントニオ・カヴォリ師によって宮崎市で始められた同会とその事業は、約70年に及ぶ歴史を経た今日、日本国内では50余箇所、国外では韓国、ボリヴィア、ブラジル、ペルー、フィリピン、パプア・ニューギニア、オーストラリア、イタリア、ドイツなどの国々にまで拡がり1000名を超える会員たちが、上記の諸分野において、活発な愛の活動を展開している。

聖ドミニコ女子修道会から経営を引き継いだ聖ドミニコ学園について同会は、建学の精神に基づいた教育活動を充実。発展させながら、『地域社会の向上と発展に寄与する』という自己の使命の達成をめざして全力を尽くしている。

聖ドミニコ
聖ドミニコ




宮崎カリタス修道女会 紋章
イエスのカリタス修道女会 紋章

 校章の由来

本学園を創立した修道会「聖ドミニコ会」の紋章をそのまま校章としています。

修道会のモットーである真理の擁護を象徴する「楯」
心身の純潔を表す「白百合」
キリスト教のシンボルである愛の「十字架」
神の前に正しく生きる者の喜びを表す「白色」
他者の幸せに奉仕する滅私の精神を表す「黒色」

これらを組み合わせた校章は750年余りの歴史を持つ全世界共通のものです。

    メールアドレス mdominico@mdominico.ac.jp